NIKEiDについて(命名編)

調べたところによると、ナイキiDをオーダーすると 「制作開始です」「完成です」「空輸いっきまーす」「そろそろ届くっす」 みたいな定期メールが来るらしい。 友達がオーダーしてるからそっちで受信してるのかもしれないが、特にそんな話は出てこず、こっち…

日本のバンドのファッションについて

ノエル・ギャラガーが「偉大なロックバンドは、若者のファッションまで変える」と言っていた、気がする。 ミュージシャンがファッションアイコンになるのは海外では珍しい例ではないけれど、日本では果たしてどうだろう?ってことで、最近、国内で人気のあり…

Levi's 501CT (CONE DENIM) 最初のリペア

前回のエントリで書いたように、501CTのケツに穴が空きそうなまま放置していた。リペアするのも面倒くさいが、そのまま穿き続けて穴が本格的に大きくなるのも困る…… と、ここ1週間くらい穿くのをやめていた。いい加減やっとくか、とスイッチが入ったためリペ…

Levi's 501CT (CONE DENIM) 1年2ヶ月経過

先日の雪、やばかったね。雪の日も、涙の日も、501CT。 おろしたては悪天候でジーンズ穿きたくないけれど。こうなったらもう自分のものってこと。ドクターマーチン久々に履いたな。

NIKEiDについて(吟味編)

誕生日プレゼントに作っていただけることになったナイキiD。ぼくが何パターンか好きなように作って、その中から友人が選ぶ。 ぼくは完成までどれを選ばれたのかは知らない、という方式に。自由さとサプライズのバランスよ。 でもその「何パターンか作る」っ…

NIKEiDについて(予習編)

友人とナイキiDの話をしていたら「誕生日にあげようか」とのこと。 「えっまままじで?」失礼。噛みました。かみまみた。神はいた……ってことで、ナイキiD! 人生初のオーダー!

Spotifyについて

LINE MUSICとかAWAとかapple musicとか、音楽ストリーミングサービスって結構いろいろあるのな。 そういうの全然興味なかったんだけれど、ひょんなことからダウンロードしてみたら結構面白い。「そういうの全然興味なかった」ぼくから見たSpotifyを紹介して…

The Strokesについて

ガレージロックリバイバルと呼ばれるムーブメントが2000年代に起きた。 文字通り、60年代後期から70年代に生まれたガレージロックの再興である。その代表的なバンドであるストロークスは、いつしかただのガレージロックバンドには括られない存在になっていっ…

JASON MARKK プレミアムシュークリーナーについて

スニーカー、ちゃんとケアしてる?ぼくが日常的にやっているのは帰宅後のブラッシング、ソールを消しゴムでこすること。 でも、どうしても頻繁に履いているものは逃げきれない汚れがある。 外で履いているときは気兼ねなく、家に帰れば宝石のようにスニーカ…

Levi's 501CT (CONE DENIM) 4度目の洗濯

あけましておめでとうございます。 遅ればせながら本年もGSSMBOYの逆襲を何卒よろしくお願いいたします。年明け一発目だからといって、特に何も変わらず。ジーンズの洗濯の話から2018年スタート。

Levi's 501CT (CONE DENIM) 1年1ヶ月経過

おそらく年内最後のエントリ。501CTとともに過ごした2017年だった。 労をねぎらって、最後に洗濯でもしてやろうかと思うけれど、気分次第ってことで。丈が短めだから自転車に乗ると風が入ってくる。

Onitsuka Tiger TIGER ALLYについて

年末で色々とあわただしく、ブログの更新もままならなかったけれど、またスニーカーが一足増えた。自分へのクリスマスプレゼント、なんて言うと女子っぽ過ぎるか?何か買いたいが特に欲しいものがないってときスニーカーにいっちゃうわけで、今回もそれ。

FRED PERRY COLLEGE STRIPE SCARFについて

ぼくにはあまり衣替えという概念がない。気温が下がるのに合わせて着る服が増えていくだけ。 季節感のある色とか、そういうのも意識にない。 Tシャツ+パーカorニット類+ヒートテック+アウター これが増えたり減ったりするだけで基本はあんまり変わらない。寒…

ジーンズのある生活について

誰でも一本くらいは所有しているだろうけれど、ジーンズというのは違和感の服だという。何にでも似合うようでいて、何にも似合わない服。ぼくたちはいかにしてジーンズと付き合うのか。 ジーンズはいかにしてぼくたちになじんでいくのか。

ECサイトではなく店舗に足を運ぶ理由について

ZOZOSUIT。 身体の採寸を正確に自宅で行うことができ、ネットショッピングでのサイズ選びにももう迷わない! そんな時代がやってきた。それでも、ECサイト、オンラインショップではなく、実店舗に行く理由とは何なのか。 果たして、それは存在するのか。

好きなジーンズブランドについてのアンケート 結果発表

ご協力ありがとうございました。1週間投票を受け付けるつもりだったけれど、ちょうど様子を見たタイミングでキリがよかったので(それと集計が面倒になりそうだったので)早めに終わることにした。みんなの好きなあのブランドは何位かな? さっそく結果を見…

好きなジーンズブランドについてのアンケート

トレンドに踊らされ、次々とものが過去に流されていく消費社会において、ジーニストたちはアンチファッションの精神を持った存在と言える。 ジーニストの定義はよくわからないけれど。それはさておき、思い付きで試み。 今みんなが好きなジーンズブランドっ…

Levi's 501CT (CONE DENIM) 3度目の洗濯

501CTも2年目に突入ということで。 心機一転なのかどうかはわからないが、洗いたかったので洗った。 いよいよジーンズの楽しい時期に突入といった感じかな。穿き始めてから1年も「楽しい時期」までに要するなんて、気の長い趣味だと思うか、それともコストパ…

無印良品 トラベル用ウォレットについて

MonoMaxで紹介されていた。まず、パラグライダークロスという素材が気になる。 そして1000円という値段が気になる。無印良品に行ってみると、財布コーナーではなくトラベルグッズコーナーに置かれていた。

Levi's 501CT (CONE DENIM) 1年経過

ついぞ501CTも穿き始めてから1周年を迎えた。あっという間のようなそうでもないような。 っていうようなことをジーンズとは無関係に年の瀬のたびに思う。1年が知らない間に過ぎ、ジーンズは知らない間に色が落ちていく。 そして、だんだんと年老いていくのだ…

「またスニーカー買ったの?」について

度々触れているけれど、スニーカーの数がだんだんと増えている。 でも、ガチな人たちと比べたら全然大したことはない。15足くらい。それでも均等にローテーションしたらそれぞれ月に2回しか履かないわけで。 コスパを考えるとこれ以上増えたらオブジェ化しそ…

生命のデザインについて

「生命のデザイン」なんて言葉、あまり聞いたことがないと思う。 これは今週のアフロ田中から抜粋した言葉だ。人間の生命のデザインとは?なお『しあわせアフロ田中』の若干のネタバレを含むので神経質な方はご遠慮願いたい。

Beckについて

本日、日テレ『バズリズム』にて、日本の地上波初登場、BECKことベック・ハンセン。 ぼくが音楽に興味を持ちだしてから今に至るまで、ずっと好きなミュージシャンだ。もちろん、バズリズムは録画する。 先日の来日公演に行けなかったけれど、友人にTシャツは…

自転車イタズラされました

盗難に比べたら随分可愛いものだけれど。こういうことがあるたび、毎回感心する。 ぼくの自転車にイタズラしたところで、別にメリットないだろうに。知能レベルが低いか、生活水準が低いか、あるいは両方だろう。

シューグーについて

ヘビーローテーションしている靴はだんだん傷んでくる。 ランニングシューズやスケートシューズのような、激しい動きにさらされるものなら尚更だ。スポーツをやっている人には、結構知られた存在。靴の補修材シューグーについて書いていこう。

「いつものスニーカー」を追え(スニーカーのサイズ感について)

オンラインでしか買えないケースというのはままある。 店頭にオープン前から長蛇の列、というのもないことはないけれど、やはりマナー的にも弾数の少ない商品で即完売が予想される場合はオンラインで先着、ないしは抽選というのが多い。ぼくの知っているスニ…

NIKE AIR MAX 1 ANNIVERSARYについて

エアマックス30周年。数々の新作、復刻がリリースされている。ちょっと古めのファッションのリバイバルもあり、ますます盛り上がるスニーカー市場。エアマックス1 アニバーサリーを買った。

Levi's 501CT (CONE DENIM) 11ヶ月経過

来月でついに1年! だから今月は11ヶ月! 当たり前だ!ルーティンだから記録は残す。 だけど、穿いている際はもはやあれこれ考えてないし、ちょっとの変化に一喜一憂もしない。

街乗りサイクリストのバッグについて

街乗りサイクリストのファッションの幅は結構広い。 でも、バッグの選択肢はそんなに多くはない。野球部はエナメルバッグを。 サラリーマンはブリーフケースを。じゃあ自転車乗りは?

ブログと雑誌について

ブログにはブログの、雑誌には雑誌の不可侵な領域がある。今の時代、情報はたいてい無料で手に入ってしまうが、果たして紙媒体はいかに生き残っていくのだろうか。 お金を出して得る情報に対し、無料で読めるブログはどう発信していくべきなのだろうか。なん…