読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男子サッカー日本代表が弱い理由のひとつについて

サッカー

女子サッカーワールドカップで、日本が決勝進出を決めた。 

イングランド戦は辛勝だったがその内容についてはここでは触れない。

ぼくが最近よく思っているのは、日本人サポーター、というかサポーターでもないようなクラウドのガヤについての話。

 本当にあんたサポーターか?

本田圭佑はたびたびワールドカップでの優勝を目標に掲げ、それを達成できずに終わるたびにメディアやネット掲示板で格好の叩かれ役になってきた。

いや達成できずに終わる前に、既に口にした時点で世論では「何言ってるんだこいつ」というムードが生まれていた。

もちろん本田自身、ビッグマウスで世の中からの風当たりが強くなるのは分かっているわけだし、それをバネにしてここまで来た選手なのだが、それにしても、とぼくは思う。

 

サポーターであれば優勝を目指す選手に湧くべきではないのか?

 

これがもしブラジルだったら。

選手の誰かが「優勝する」と言えば、国中が大盛り上がりなのではないだろうか。

サッカーの浸透度が違うとはいえ、日本のサッカー選手への冷めた目線はほかのスポーツの非ではないと思う。浸透度が低い、ではなく、積極的にバッシングするポイントを探している層がすごく多いと感じる。

ベスト8が目標だ、というのであればおそらくベスト8にすらなれない。

出場する以上優勝を目指していて何が悪い? それを口に出して何が悪い?

あまりこういう言い方は好きではないが、そのバッシングに日本人の嫌な部分が集約されている。

 日本人的思考回路

僅差での試合の際、選手のメンタリティをこれは大きく左右する。

「応援してくれるサポーターのために勝ちたい」なのか「負けたらまたうだうだ言われるんだろうなあ……」なのか。

男子日本代表の勝ちきれなさという部分に、この日本人観戦者のムードは確実に作用している。

負ける→叩く→メンタルやられる→負ける

負の連鎖。

もともと日本人はメンタルの強い人種ではないし、こういう連鎖の中でさらにモチベーションがやられていくのは目に見えている。

 伸びしろですね

男子と比較して注目度の低いなでしこ。

彼女たちの強さの理由はもちろん選手自体のポテンシャル等々の理由もあるのだが、叩かれる空気の少なさ、これがあるように思う。

選手がのびのびとやれるのだ。

バッシングしたくてたまらない層が、男子に比べて注目していないコンテンツだから。

 まとめ

ここでぼくがどうのこうの言ったところで届かないし、日本人観戦者の気質が変わるというわけではないのだが、もっと純粋に応援すればいいのに、とサッカー系まとめブログなどを見ると思う。

通ぶった顔をするためにネガティブな意見に加担して選手を貶めるのは、すっげーダサい。

広告を非表示にする