気になるジーンズブランドについて

次回のジーンズエントリは洗濯、は嘘でしたすいません。

またジーンズの話。

与太話

ジーンズ好きの常として、リジッドから愛用しているジーンズがあるにも関わらず、他に気になるジーンズが出てきてしまったりする。
そうやって何本も新しいジーンズが増えると中途半端な期間穿き込んだジーンズが何本もたまり、愛着も分散してしまうという負の連鎖も起きたりする。

A.P.C.のジーンズはかなりクラシックかつミニマルなジーンズなのでよく言えば飽きが来ず、悪く言えば無個性だ。
無個性が故に着用者の色がより濃く反映されるとも言える。興味のない人にはユニクロとなにが違うのか分からないとも、言える。

ぼくは主張のないデザインにすっかり慣れているので、これで充分だとも思うし、「ユニクロ?」と言われても(あんまり)気にならない。

余談だけどぼくはステッチの色とかなんとなくの雰囲気で、ユニクロのジーンズって分かる。
完全に余談だけども。

そんな感じで、ワードローブの筆頭として不動の四番打者であるプチニュースタンダードだが、それでもいろいろ入ってくる情報の中気になるジーンズを紹介したいと思う。

TELLASON

リーバイスXXが使っていた14.75オンス(最細のものだけライトオンス)のコーンミルズの生地、Tanner Goods製のレザーパッチ、フォントはHouse Industries、made in USAにこだわりさらに縫製仕立てはSan Franciscoにこだわり……
などなど蘊蓄がたっぷり詰まっているブランド。

バックポケットにTのステッチがあるのだが、この縦のラインは紺色で目立たない。
しかし実はポケット裏側に充て布があり、穿き込んでいくと色落ちでTの文字が完成する、という通好みのディテールらしい。
f:id:gssmboy:20150810170936j:plain
ちなみに、最細のスリムテーパードというモデルは、耳が黒い。
f:id:gssmboy:20150810170917j:plain
穿き込まれたテラソン。
f:id:gssmboy:20150810170854j:plain

SOMET

文字通り、「染め」からきているらしい。Tは発音しない。
テラソンとは打って変わり日本のブランドで、取り扱い店が極端に少ない。
というか、たぶん、ひとつしかない直営店と、オンラインショップでしか扱われていない。
海外で人気が出て、逆輸入的に日本に入ってきたものの、あまり商売っ気を出さない好感のもてるブランドである。

ぼくが気になっているのはこのルーズなテーパードのモデルと、
f:id:gssmboy:20150810170806j:plain
ダーツの入ったスリムシルエットのモデル。
f:id:gssmboy:20150810170820j:plain
太腿から膝にかけてダーツが入っているんだけど、ダーツの入ったジーンズって買ったことがないからどんな影響があるのか興味深い。

和を感じるディテール。
f:id:gssmboy:20150810170749j:plain

DENHAM

これはちょっと趣向が違うかな。
オランダのセレブ系ジーンズ(死語だろうか?一昔前で言うとトゥルーレリジオンとか、GASみたいな感じ)に分類されるだろうか。結構高価格。
デザインも結構トゥーマッチな感じで、A.P.C.なんかとは真逆に位置してるんだけど、
特徴的な六角形バックポケット、ハサミ刺繍、ボタン留め
f:id:gssmboy:20150810170648j:plain
日本製生地を使っていたり、わりかしジーンズ好きからも好印象なブランドらしい。
ジッドから穿き込んだデータがあまり見つからないのでなんとも言えないが、結構ありだと思う。
f:id:gssmboy:20150810170734j:plain

STABILIZER GNZ

古着好きの人がNハリウッドからスタビライザーに興味が流れたパターン多い印象。乱痴気で取り扱ってるからかな。
ぼくは今までぜんぜん興味なかったんだけど、結構調べてみると面白そうなブランドだった。
ただ、ちょっとウェブサイトが見にくい。どんな商品がラインナップされているのか見る前に少し面倒になってしまった。

バックポケットのシンプルで主張のあるステッチは、好き。
f:id:gssmboy:20150810170550j:plain
あと、細いモデルも股上はしっかり深めなのもいい。
f:id:gssmboy:20150810170620j:plain
ローライズってあんまり好きになれない(ここら辺の気分は変わりやすいけど)。

グレーやベージュの耳を使っているらしい。
f:id:gssmboy:20150810170521j:plain

おしまい。

広告を非表示にする