A.P.C. PETIT NEW STANDARD 初洗濯

プチニュースタンダードをついに洗濯した。

プチニュー穿きこみのまとめエントリはこちら

穿き込み開始から4ヶ月弱。
キリよく4ヶ月穿いて洗えばよかったのではないか……と思わなくもないのだが、なんとなく「今だ!」という内なるサインを感じたので。

概算で1000時間強穿いたと思う。

よく半年洗うなとか一年は洗わなくてよいとか言うけど、毎日穿いたのか週3で穿いたのか、座っていたのか動き回っていたのかで全く濃度の違う期間になるので、結局洗いたい時が洗い時なんだと思う。
汚れを無視して、色味だけにフォーカスして言うと、股ヒゲだけでなくバックポケットからフロントポケット近辺のアタリにコントラストがついてきたら洗って構わないというのが持論。好みだけどさ。

何度やっても、初洗いは少し緊張。
アンド、わくわく。

洗濯前の写真

(カメラの画質が悪く紫がかった色味になってしまうので、なんとなくの雰囲気でとらえてもらえれば)
f:id:gssmboy:20150821200204j:plain

f:id:gssmboy:20150821200244j:plain

f:id:gssmboy:20150821200349j:plain

f:id:gssmboy:20150821200425j:plain

洗濯方法

ファーストウォッシュ
冷水(というか常温水、蛇口ひねって出てくる温度)にハンドソープを少量と塩を結構多めに入れた。
ジーンズを裏返し、つけおき。1時間。
その後こすらずシャワーで汚れた水を流し、すすぐ。
脱水。
逆さにして干す。

洗濯後の写真

f:id:gssmboy:20150821200644j:plain

f:id:gssmboy:20150821200711j:plain

f:id:gssmboy:20150821200753j:plain
これが一番本来の雰囲気に近いと思う。紫っぽくならずに撮れた。
f:id:gssmboy:20150821200822j:plain

今までジーンズを洗うとき、洗濯機にぶち込んで全自動でやってもらっていたのだが、今回はなるべく色を落とさず汚れだけを落とすような方法をとった。

塩はA.P.C.推奨の海水洗いよろしく、インディゴを生地に安定させる効果があるそうな。

いつも初洗いの際の水を見て
「うっへー!なんちゅう色だよ!泥水じゃねえか!」
なんて思っていたのだが(初洗いで水が茶色く濁るのは、汚れもあるが糊の影響も大きい。リジッドから穿く前に糊を落とすために洗っても水は茶色くなる。また一説によればヴィンテージジーンズの茶色がかった色味は、汗や汚れよりも糊の変色らしい)、今回のプチニューは思わなかった。
洗濯機を回すのとつけおきするだけなのは、インディゴの剥離に雲泥の差らしい。

洗いの雑感

プチスタは糊を落としてから穿いたわけで、その際その野暮ったい色味がかなり気に入らず、ある程度の色落ちをするまで多少辛かった。
リジッド→もっさり色→適度な色落ち→穿き込まれた色落ち
このもっさり期間をいかに回避するかが、ぼくにとってはかなり大事だった。

その点今回は大成功した。
色味はほぼ変わっていない。ただアタリの箇所だけインディゴが剥がれた感じだ。

そもそも糊は夏場の穿き込みで既にけっこう溶けてしまっていたのだと思う。
全体的な質感はほとんど変化なく、単に清潔に生まれ変わってくれた。

糊は形の安定以外にも色落ちを防ぐ効果もある。
ジーンズは外部からのこすれによる色落ちと内部からの脚の動きによる色落ちがあるが、外側にインディゴが抜けていくのに蓋をしているのだ。
で、洗ってその蓋を外した。
本格的にジーンズがジーンズらしくなる時間のはじまりはじまり

縮み

気になる縮みは、ちゃんと計ってないのだけど、ウエストは一瞬買いたてのころのように縮んで、穿いたらすぐ馴染んだ。これはいつものこと。
股下はけっこう縮んだ。
着用期間が長かったのでハチノス等はずれてはいないが、足元にくしゃっと溜まる長さだったのが
f:id:gssmboy:20150821201009j:plain

f:id:gssmboy:20150821200910j:plain
ビフォー→アフター
ほんのりくしゃっとなる程度になった。
裾上げはしておらず、くしゃっとさせたりロールアップしたりで穿くので、まああまり気にはならない。

まとめ

この画像でお分かりのとおり、引きで見たら洗濯の形跡などほぼわからない(カメラのせいもある)。
今回の色は落とさず汚れを落とすという目的からすると、とってもうまくいった。

からの今日、不快指数高め。
洗ったばっかでじんわり汗、いただけませんなあ。


広告を非表示にする