読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非モテなファッション弱者からの脱却方法について

ファッション ワークアウト

warning

警告
読むな。
これから先は、いつまで経っても冴えない見た目で異性から相手にされず、後ろ指をさされ、日陰を歩き続け、人権すら消し飛んじまった、そんな弱者への提言だ。
まともな日常を過ごしている人にとっては、人生で最も無駄な時間の始まりだ。
さあ今すぐブラウザを閉じろ。
警告はしたからな。






ようこそ。
これを読んでいるということは、アンタには今のところまともな人権はないと自分で認めたことになる。

そんなアンタに、ぼくからの提言。テーマはシンプル。
どうすればお洒落になれるのか?

これを読み終えて食う飯は、人生で一番美味いはずだ。

基礎体力編

体を鍛えろ

クリスティアーノ・ロナウド
そのガリガリの(もしくはぶよぶよの)身体が、まず何よりもアンタをお洒落から遠ざけている。
気付いてるんだろ?本当は。
だけど、ワークアウトで疲れるのが大嫌いでそこから逃げてるんだろ?

「ぽちゃカワ」なんてタイタニックと一緒に沈めろ。
「自分なりのお洒落」なんて中指くれてやれ。努力をする時間と新しい服を買う費用をすり替えてごまかすな
「体型別コンプレックス克服ファッション」なんて!ふざけろ。問題なのは選んでいる服じゃない。アンタ自身だ

スポーツ選手がジャージでアップしている姿の方が、アンタが全力のお洒落をしている姿よりも格上、つまりそういうことだ。

髪を切れ

薄毛のヘアスタイル
薄毛をカバーできる髪型とは?オーダー方法を美容師が伝授 - Cheer up GROOMEN | Cheer up GROOMENより
ぼさぼさの頭をしていると、それだけでもう減点。それで着飾ったところでダサいやつが必死にお洒落がんばってる感が出るだけで逆にイタい。
さっさと髪形を整えろ。
「セットして格好つけるのなんて……」だ?その思考回路も捨てろ。
男は格好つけなくてはいけない。なぜこれを読んでいる?今の自分から脱却するためだろ?

ホットペッパーを検索して、行ける範囲の一番評判のいい美容室を予約しろ。
間違ってもじゃニーズみたいな毛束キメキメヘアを狙ってはいけない。「格好つけるのなんて……」思考は実はうっすら間違っていない。
格好つけていない感じで格好いい、つまり爽やかな短髪ないしツーブロックでオールバックが望ましい。

ステレオタイプだ?上等だよ
今それを口にしたやつはスタンスミスもオールスターもヘインズもリーバイスも全部窓から投げ捨てろ。

装備編

基礎体力が身についたところで今度は着るものの話。
これは自分に必要なところだけ読んでくれればいい。

初級編~もう何を着たらいいのか全然わかんないけど~

ユニクロで充分だ
これは投げているわけではなくガチだ。本気と書いてガチだ。強敵と書いてともだ。
ちょっと前なら「これ着てたらユニクロだってばれるかな」という心配もあったかもしれないが、もう大丈夫。
匿名性の高いユニクロの服を着て、それでもなおユニクロだと気付く奴がいたら、そいつはユニクロの大ファンであり、アンタのことを決して馬鹿にはしない
その程度にはユニクロの守備範囲は広く、匿名性があり、ほどほどに洗練されている。

個性を出すな。冒険するな。守りに入れ。

基礎体力のあるアンタには下手な小細工はいらない。全身ユニクロでいい。
もしモードブランドに身を包んだ奴が見下してきたら、鍛え上げた筋肉をぴくりと動かしこう考えろ。

本気出せば出会って4秒でKO

ただし、全身ユニクロの際、ひとつ理論武装しておくべきところがある。それが靴。
USメイドのニューバランスを履いておけ。そして意味がわからなくてもぶつぶつとつぶやけ。

まるで雲の上を歩くような履き心地だ……

中級編~自分でそれなりに服とか買うけど~

いまいち自分のセンスが合っているのかどうかわからない。ってことかい。

サイズを見直せ
それがアンタにとって一番ベストなサイズか?
例えば今1枚で着ているそのニット、ジャケットの中に着るとしたらどうだ?袖からの覗き具合、裾の出具合は?
細かいところに気を配れ。その服単品で見るな。

同じ靴に合わせるとしたら、一番映えるのはストレートのパンツか、テイパードのパンツか、丈は長めか短めか。
細部こそがアンタのセンスを最も左右している部分だ

特に安く買えるTシャツなんかは、合わせるものによってサイズ違いでストックしておけ。
筋肉の映える夏、アンタは無敵になれる

上級者~ガードマンのいる店で買い物するけど~

初めに警告したはずだろ。
なんでアンタみたいなのがこれ読んでるんだよ
さっさと帰れ。

卒業

よくぞここまで読んでくれた。
アンタはもう……いや、アンタだなんて呼び方は失礼だな……あなたはもう、立派にクール・ガイだ。
もう何も思い煩うことはない。心なしか、オーラすら出ている

やるべきことをすべて実践したら卒業証書の代わりに、一番必要なものを手に入れていることになる。

自信だ。

自信(じしん、Confidence)とは自己を信頼する気質、徳目である。
自信 - Wikipediaより

友達に電話して、コンパのセッティングでも頼んでみてくれ。

友達がいない?
異性と上手く話せない?

いつまでも甘えてんじゃねえ!

広告を非表示にする