Levi's 501CT (CONE DENIM) 2年5ヶ月経過 10度目の洗濯

501CTモノクロ

めちゃめちゃマンネリである。
ほとんど変化がわからなくなったジーンズを、誰が見るんだって話。

これをルーティンという。
文章もしばらく書かないと書き方を忘れるから、そのリハビリのようなものでもある。


前回のエントリ

着用状況

このひと月はだいたい2日に1回くらいのペースで穿いていた。
もういいか、何時間穿いたとかそういうのは。

洗濯は30リットルの冷水で洗濯機、洗剤は蛍光剤も入っている(大体そのタイミングで安く売っているものを使うので、洗剤については何も考えていない)。

写真各種

写真は少なめ。洗濯後の写真。

写真はすべて室内、自然光の入る環境の中での撮影。
スマホのカメラの画質はbad。

フロント

2年5ヶ月穿いた501CT
写真が白っぽくなっちゃってあんまり雰囲気わかんねえな……

臀部

501CTのケツ

擦り切れたジーンズ
相変わらずリペアはしておらず、充て布をしていない箇所もほつれている。
タイミングによっては下着が見えてしまう。

リペアをするなら洗いたてのタイミングがベストだから、やるならば今か。
やれるのか俺。やれないのか俺。
逃げちゃあかんで。逃げちゃあかんで。

基本誰もぼくのケツなんか見てないからどうでもいいっちゃいい。
だけど、階段とかエスカレーターを上っている時に限って、後ろを歩いている人の目線はちょうどぼくのケツにビタである。
その瞬間だけはずい。

ハチノス

ハチノス
スマホカメラの画質の悪さはぼくを一気にヒエラルキーの下層に突き落としてくれる。

全体像

色落ちした501CTの全体像
なんだかんだ言って実物はもっと雰囲気いいよ。
写真で伝わるかどうかわからないけれど。

自己満足の話

とあるエッセイの中で(エッセイなるものを読んだこと、片手で数えるくらいしかないな)、「現代は自己満足が欠けている」的なことが書いてあった。
まあ2015年の本だから「現代」の指すところはちょっとずれてはいるけれど。

「『ファッションは自己満足』なんて嘘。人の視線を意識してないファッションなんかありえない」
ということをちょくちょく言っていたぼくだが、考えてみれば、自己満足の方が健全なのかもしれない。
人からのいいねが指針にした生き方よりも、自分のルールで動く生き方の方がクールだなと。

自己満足でいい。
人から認められるかどうかは、後で考えればいい。

ということを、銭湯絵師の騒動で思った。
他人からの評価の為に、自分の埒外にまで無理に手を伸ばす必要はない。

まとめ

というわけで自己満足的に継続しているこのブログ。
更新頻度は下がる一方。

ちょっとタイミングは遅くなってしまったが、楽天カードのメディアブログに記事を書かせていただいた。

よかったら覗いてやってください。

まとめはこちら