Levi's 501CT (CONE DENIM) 4度目の洗濯

ジーンズのスレーキの洗濯記録

あけましておめでとうございます。
遅ればせながら本年もGSSMBOYの逆襲を何卒よろしくお願いいたします。

年明け一発目だからといって、特に何も変わらず。

ジーンズの洗濯の話から2018年スタート。

前回のエントリはこちら 

着用状況

洗ったらブログを書く、というひと手間があるため、それを考慮して年末洗えず。
それってどうなんだろうね。
かといって、洗ったけど時間がなくて記録できず後から記事を書くっていうのも、鮮度が落ちるし。

ま、洗ったからいいか。

トータル3000時間ほどの着用。

写真各種

蛍光灯のもとの室内撮影。

腰回り

4度の洗濯を経た501CTの色落ちイメージ

ぶっちゃけ洗濯前とあんまり変化を感じていない。
長期間洗わずにおいてからの洗濯ではなく、前回からひと月ほどだからそれも当然か。

強いて言えばトーンが全体的に上がったか、っていう程度。

臀部

4度の洗濯を経た501CTのケツの色落ち

穿きこんだ501CTのダメージ

いよいよリペアが視野に入ってきた
自転車のサドルと擦れる箇所が、薄くなって切れそう。

ハチノス

4度の洗濯を経た501CTのハチノスの色落ち

特にコメントなし。

4度の洗濯を経た501CTの裾の色落ち

特にコメントなし。

その他

生地のアップ。
4度の洗濯を経た501CTの生地


太ももと脛近辺の生地の色味の比較。
4度の洗濯を経た501CTの色味


高級感のない革パッチ。
501CTの革パッチ

雑感

ごわごわ感が1年以上たった今でも消えない。
A.P.C.のジーンズと比較すると、1.5倍くらい経年変化がゆったりしているように感じる。

まあこれは好みに合わせて選べばいいところで、あんまりのんびり色落ちされると飽きてしまう、っていう人もいるだろうね。

A.P.C.レベルでも飽きる人は飽きるし、そもそもジーンズに向いてないのかもしれないけれど。

1年以上も同じのを穿いていると無頓着になるから、どんどん適当に洗って色落ちを楽しみたい。

まとめ

洗いたてのジーンズのコシのある感じというのはいいものだ。
清潔さ第一で、夏ごろにはアイスブルーのような色になるのが理想。

でも、その頃にはまた新しいのを買っているかもしれないな。

つづきはこちら

まとめはこちら

広告を非表示にする