Levi's 501CT (CONE DENIM) 10ヶ月経過

コーンデニムの色落ち

雨が降り続いたり、かと思えば日中まだ真夏のように暑かったり、ジーンズが穿きづらい気候が続いている。

雨くらいなら別に穿いたっていいんだけど、クロスバイクでは傘がさせないから濡れて洗濯を余儀なくされる。
というわけで、洗濯してから数えるくらいしか穿いていない501CT。
進捗はほぼないので、小ネタいろいろ。

洗濯の記事はこちら

ロールアップについて

このブログの影響だと思う。

テーパードパンツを短めの丈で穿く、というのが今は気に入っていて(まあ、リゾルトやオアスロウなんかのスタイルからスタンダード化されているといえばそれまでなんだけど)、だいたい踝が出るか出ないかくらいの位置にロールアップしている。

2回巻く場合。
ロールアップ
普通に巻くと、こう。

でも、なんとなく、こっちのほうがすっきりするのでこのやり方にしている。
大きく巻いてから
ジーンズのロールアップ
重なるように巻く。
ジーンズのロールアップ
それだけ。

今後の展望

穿き始めた際「1年は洗わないでいたい」と言っていたのに、結果は2回洗っている。既に。
仕方がないと言えば仕方がない。

別に後悔はないし、現状これからが楽しみな風合いだとも思う。

今後どんな感じで穿いていくのか。とりあえず1周年まではこれ以上洗わないでおきたい
そのあとは、月に2回でも3回でも洗いたくなったら洗うという雑さに切り替える。
という、予定。

A.P.C.と比べると色落ちのペースは遅いので、そろそろ次の段階の色が見たいというような気持ちもあると言えばある。
だけれど、色落ちしたジーンズが穿きたくなったら手持ちに他のものがあるわけだから、1周年まではゆるゆるとやっていくつもりだ。

501CTは消えるのか?

501CTから始まり、型番に501を冠したモデルが続々と増えている。
古参のファンからすればきっと邪道なジーンズたちだ。

501T登場

リーバイスの公式サイトでは、現在オリジナル以外にも3種の501がラインナップされている。
501スキニー、501T、501CT。
リーバイスの501各種
501Tってなんぞや。

CTはカスタマイズドアンドテーパード、ないしはカスタムテーパードと表記される。
要するに、501の膝下を絞ってテーパードにカスタムしました、というタイプ。
昔のリーバイス501を女性が穿く際にスリムに自分でカスタムしていた、とか、そんなアーカイブをリーバイスが時代の流れに合わせて自ら作ったわけである。

501CTと501Tを比較

では、Tはなんだ。
オンラインストアではテーパードフィットと表記されている。
リーバイス501t
何が違うんだCTと。

商品説明。

進化した Levi’s(R) の看板商品。The 501(R) Original が理想的なテーパードレッグにカスタマイズされました。お客様のご意見を取り入れ、さらにフィットさせたデザインで実際の体のサイズに忠実な着心地とより洗練されたルックスを実現しました。


【Begin11月号掲載商品】501(R)T-テーパードフィット/ブルー/BRISTOL/11.5oz | リーバイス® 公式通販より

うーんわからない。

というわけで、詳細なサイズを比較してみる。
ノンウォッシュ、加工等でブレはあると思うが、その辺は適当で。W30L32の数値を参考。

501CT 501T
エスト(ヌード寸法) 76 76
エスト(仕上り寸法) 80 76
ヒップ 106 101
股下 80 79
前股上 28.5 28
渡り幅 28.5 27
裾幅 16 15.5

うーん。微差!
というか、ほぼ同じと言っていいレベル。

雑感

501CTも、リリースされたばかりのシルエットから、2016年だったかな、途中で同じ名前のまま若干細身にアップデートされた。
501Tもわざわざ新しい品番で出すようなものではなく、そんなマイナーチェンジの範疇のように思う。

501CTが廃番になり501Tを新機軸として打ち出すのかな、と思ったわけだけれど、それにしたらプロモーションが弱い。
501CTや501スキニーの時は、それなりに各所で推されたし、目にする機会があった。
501ctのバナー

501スキニーのバナー
501Tは、何でその名前を知ったのか記憶にもない。

リーバイスも馬鹿ではないから、501CTを「新しい501の形」として大々的にプッシュしたのに、急に意図の読めないモデルに鞍替えをすることはないような気はする。
CTとTをリーバイスはどういう位置づけで見ているのだろう。

予想としては、消えるのはCTではなくTなんじゃないかな。
505Cもふわっと出てふわっと消えたから、あんな感じで。

2017/10/07 追記
リーバイスオンラインストアから501CTが消えた。
……はあ?

まとめ

501CT自体が継続するモデルなのかはわからない。
が、少なくともその時期の主力モデルをコーンデニムで作る(それが無理ならば最低でもセルビッジ生地)、という流れは毎シーズンやってくれるとありがたいなあと思う。

501CTはおそらく廃番だ。
そしてホワイトオーク工場は閉鎖が決定した。

なんにせよ、コーンデニムの501CTはお宝だった。
お洒落着でもなく部屋着でもない、ただただ普通の服として、また時間を経ていく。

続きはこちら

まとめはこちら

広告を非表示にする