Levi's 501CT (CONE DENIM) 5ヶ月経過

リーバイス501CTコーンデニムの色落ち

ジーンズをこれから新調して穿き込もう、と考えている人は急がないといけない。

本格的デニムは分厚く、真夏には拷問のような体験が待ち受けるからである。

それも込みで楽しみたい方は、今が買い時!

4ヶ月時点のエントリはこちら

5ヶ月穿いた501CT

今回、写真は室内(自然光の元)で撮ったものと、屋外(日陰)で撮ったものと2種類ある。
少しでもニュアンスが伝わりやすくなるといいけれど、どうだろう。

着用時間

おそらくひと月で25日は穿いていたと思う。
短く見積もっても1日12時間くらいは穿いているから、25×12で300時間の着用。

前月分のエントリではトータル850時間ってことになってるので、足して1150時間ほど穿いたことになる。

腰回り

室内
リーバイス501CTコーンデニムの色落ち

屋外
リーバイス501CTコーンデニムの色落ち

リーバイス501CTコーンデニムの色落ち
アタリがつくべき箇所は、かなり顕著に色落ちしてきた。
全体のトーンはまだまだ濃いが、どう見てもおろしたてには見えない、そんな感じ。

前回のエントリでも書いたが、その時に思ったことを記録しているので、以前となにかぼくの考えが矛盾したとしても、時の流れということで気にしない。

ケツ

室内のみ
リーバイス501CTコーンデニムの色落ち

リーバイス501CTコーンデニムの色落ち
スラックスなんかでよくあるテカテカしてくる感じになっている。
チャリのサドルのせいだ。

これが反射するので、写真だと白っぽい感じに写るが、色落ちは思ったより進んでいない。
どこかで一気にくる可能性はある。

サドル型に色落ちしても、それはライフスタイルの現れ。
と宣ったところで、その色落ちが格好いいのかどうかは別問題。

プチニュースタンダードのケツ
f:id:gssmboy:20161127134413j:plain

いずれ501CTもこうなるのかもしれないが、今のところペースは遅い。

ハチノス

室内
リーバイス501CTコーンデニムの色落ち

屋外
リーバイス501CTコーンデニムの色落ち

ハチノスはかなりバキバキきている。

以前501CTを穿いてスケートしていたら膝裏が痛くなったのだが、最近ならない。
生地が馴染んだ、くたびれた、そんなところ。

リーバイス501CTコーンデニムの色落ち

これは屋外でしか撮ってなかった。
ロールアップした裾先が削れている。

あまり捻れた感じではないように見える。
いつだかは「チェーンステッチ感あるよね~!」みたいなこと言った気はする。
今見るとそうでもない。

この辺は縮率とかに関係しているのか?

ヴィンテージジーンズやリゾルトはこれでもかというくらい捻れるが、ぼくはあまり好きではない。
大体のものは、シンメトリーが美しいと思う。

着用イメージ

リーバイス501CTコーンデニムの着用画像

膝の色の薄くなってきているのは、引きでも分かる。

まとめ

生地感がもう新品状態とは全然違う。
1150時間の蓄積を確かに感じる。

膝が抜けてるから洗って引き締めたいけど、まだ我慢。

続きはこちら

まとめはこちら

広告を非表示にする