Levi's 501CT (CONE DENIM) 6ヶ月経過

cone denimのタグ

節目。

大体のブランドは、ジーンズを穿きこむ場合半年くらいは洗うな、といった感じの呼びかけをしている。

気にせずガンガン洗いなさい、っていうところもあるけれど、一般的に穿きこみの節目は半年程度といって差し支えないだろう。

5ヶ月時点のエントリはこち

6ヶ月穿いた501CT

今回自然光と蛍光灯の入り混じる中で撮ったので、全体的にトーンが暗い。

着用時間

今まで毎日のように穿いていたのと比べると、このひと月はちょっと穿く時間は少なかったような気がする。

なぜかといえば、雨が降ったり、暑かったり、気候がジーンズ向きでない日が多かったからだ。

だいたいトータル22日くらいかな。で、1日の着用時間を12時間として22×12で264時間。
前月のエントリでトータル1150時間となっているので、足して1414時間。

思えば遠くにきたもんだ。

腰周り

なかなかの風格になってきた。
リーバイスの501ct
ヌーディージーンズの店員さんいわく「良質なジーンズは、色が落ちるというよりインディゴが削れるような感覚」。
いや色が落ちる=インディゴが削れるで、同じじゃねえかよ、と思われるかもしれない。

しかし、このコーンデニムのアタリの付きかたを見るに、その言葉は非常に的を射ていると感じられる。
コーンデニムの色落ち
オンスの関係もあるだろう。
とにかく、刻む、とか、削れる、とかそういう言葉の雰囲気が近い。ワイルドな風貌になりつつある。

ケツ

自転車のサドル感が見えてきた。
リーバイスの501ct

リーバイスの501ct

リーバイスの501ct
右のバックポケットは財布によってけばけば。

ハチノス

リーバイスの501ct

リーバイスの501ct
膝、チャリでこけて(骨折はしていない)思いっきり擦ってしまった。
A.P.C. プチスタンダードを穿いていたときはスケートボードでこけ、こういうのはもうなうるべくやりたくない……と心のどこかにあったはずなのに。

ま、いいのだ。
思ったほどショックは受けていない。

こういうのが、ジーンズのジーンズたる所以。
タフで、雑に着るものなのである。

高級ジーンズをありがたがって穿いて、いちいち洗濯はクリーニングに出したりしているような人は、このブログを読んでも得るものはきっとない。

特に進捗なし。

着用イメージ

リーバイス501CTの着用イメージ
特にコメントなし。

まとめ

プチニューを穿いていた頃は、夏場は正直我慢をしていた。
それこそ自転車をこいだ時なんて暑くて死ぬかと思っていた。

ももう、そういうのはあんまりしないようにする方針。
お洒落は我慢はお洒落じゃない。という禅問答のような話。

夏場は短パンメインでいくとして、501CTを洗うか否か……

べたついてまいりました。

続きはこち

まとめはこち

広告を非表示にする