Levi's 501CT (CONE DENIM) 7ヶ月経過

7ヶ月穿いた501ct

洗おうか、我慢するか、どうしよう……とかなんとか言ってるうちにひと月経っていた。

流石に30度を越えるような日は、14.5オンスのジーンズを穿くのは辛い。
洗っちゃえよ……楽になるぜ……いやまだだ我慢だ……
この葛藤がジーンズライフそのもの。

6ヶ月時点のエントリはこち

7ヶ月穿いた501CT

室内撮影(蛍光灯のもと)だと、色落ちの細かいニュアンスが分かりにくく、黒っぽくなる。太陽光だと、かなり青みが強くなる。
と、思っているが、どうだろう。

各部の写真は室内で窓から自然光の入る環境で撮影。

着用時間

今まで毎日のように穿いていたのと比べると、このひと月はちょっと穿く時間は少なかったような気がする。

なぜかといえば、雨が降ったり、暑かったり、気候がジーンズ向きでない日が多かったからだ。

だいたいトータル22日くらいかな。で、1日の着用時間を12時間として22×12で264時間
前月のエントリでトータル1414時間となっているので、足して1678時間

上記は6ヶ月時点のほぼコピペで、時間だけいじってある。
着用頻度的には前月と同じような感じということ。

腰周り

7ヶ月穿いた501ct
6ヶ月時点とそこまで大きくは変わってないかな。
この凹凸感なんかを見ると、流石コーンデニムだなあと思う。

ケツ

7ヶ月穿いた501ct
指が写ってしまった。

ケツ白くなってきた。
まあこれはしゃーない。これが本物のリーバイスコミューターだ。

クロッチ近辺はなかなかまずいかもしれない。
7ヶ月穿いた501ct
擦り切れそう。
ということで、A.P.C. プチニュースタンダードに初めて臀部のリペアを施した時を確認してみる。

およそ1年弱のタイミングだった。
単純に比較は出来ないが、A.P.C.の生地とリーバイス(コーンデニム ホワイトオーク工場14.5オンス生地)なら、A.P.C.のほうが耐久性がある、かも?

ハチノス

7ヶ月穿いた501ct
見事。
はよ洗えやと急かされているような気すらする。

7ヶ月穿いた501ct
ロールアップしていることが多いので、折り返す辺りが色落ちしている。

全体像

7ヶ月穿いた501ct
日陰で撮るのでは全然色落ちがわからない。

ひなただと、白が飛ぶ。

最近は腰まで落として短くロールアップしてジョッパーズみたいに軽い感じで穿くのが好み

生地が伸びたのか、初期は1回ロールアップすれば充分短めだった、ような気がする。

結局洗う? 洗わない?

正直洗いたい。
なぜかというと汚い気がするから。

7ヶ月毎日のように穿いていたジーンズが汚くないわけがないんだけど、そうではなくて、見た目が小汚い茶色みがかった色になりそうだ、ということ。

ヴィンテージに見られる茶色みがかった色は、糊の影響だとか皮脂による生地の変質だとか諸説ある(さらに言えばそういう色が好きな人もいる。ぼくはあんまり)。
いずへにせよ、洗わずにいたため汚れの落ちなくなった結果、というのも絶対にあると思う。

伝わるかわからないが、太ももあたりの生地とスネあたりの生地の比較。
7ヶ月穿いた501ct
奥が太もも部分、手前がスネあたり。

もも部分がなんとなく濁った色になっているような気がする。
ここから色落ちが進行してどうなるのかは分からないし、気のせいかもしれないけれど。

不潔な感じにはなってほしくない(もちろん不潔かどうかではなく、不潔に見えるか否かの話。穿き込まれたジーンズは基本的には不潔の象徴だ)という気持ちと、洗わずにいけるところまでいきたいという気持ちと、二律背反。
そんな7ヶ月目。

まとめ

急に洗ってしまうかもしれないし、なんだかんだずっと洗わないかもしれない。
自分確率で7:3ってとこかな。

着用時間的にはもう全く問題ないから、あとはもう気持ちの問題。

つづきはこち

まとめはこち

広告を非表示にする