読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Levi's 501CT (CONE DENIM) 購入

ジーンズ ファッション

リーバイス501CTのフラッシャー

何度か書いていたように、プチニュースタンダードがそろそろボロくなってきた(タンスの肥やしにはしないが)。
なので、新しいジーンズを探していた。

ジーンズは買うたびに新しい発見がある。
プチニューをふまえて、ぼくが気づいた点や、501CTの詳細について書いていく。

501の基本シルエット

一般的に501というと、太めでテーパードがなくそのまま落ちるようなイメージだと思う。

厳密に言うと通常ジーンズというのは、ストレートであっても軽いテーパードがかかっていて、ワタリから裾まで同じ幅だとむしろフレアがかかっているように見える
だから501も若干テーパードなわけだが、この角度が急なものをテーパードジーンズ、501程度な場合はストレートジーンズに括るのが普通だ。

501CTの立ち位置

ものすごくざっくり言えば、501CTは501の裾幅を思い切り狭くしキツいテーパードをかけたモデルだ 。
カスタマイズド・アンド・テーパードの略でCT。

では、501CTは、もはや501ではないのでは?
という、これはもはや禅問答のような話になる。

昔ながらのリーバイス501愛好家からしたら受け入れられないものかもしれない。
例えば601とか、新しい品番をつけて売ればいいのに、という気がしないでもない。が、やはりリーバイスにとって501というのは看板であり、それを冠していた方が売れるから、という邪推もあながち間違ってはないはずだ。

好意的に捉えるならば、47501や66501、XX等501の中でも時代によりディテールは変遷してきている。
CTもそのひとつで、若干変わり種にはなるだろうが、現代の501のひとつの形と考えることもできる。

最終的には、ぼくは見た目が格好よく品質が良ければ品番なんてどうでもいい
どうでもいいは言い過ぎかもしれないが、ヴィンテージへの憧れはあまりない。

現在リーバイスで唯一ボタンフライなのが501であり、501CTだ。
邪道と見るか、モダンな進化と見るかは、各々が考えたらいい

501CTのあれこれ

前置きが長くなったが、501CTのディテールについて触れていこう。

大まかなスペック

28インチの細かいサイズは以下(リーバイス公式サイトからの引用)。

ウエスト(ヌード寸法) 71
ヒップ 93
股下 80
前股上 27
渡り幅 26.5
裾幅 15.5

概ねこの通りだと思う。ウエストのサイズ感はいつものリーバイスの28インチという感じ。
レングスは32固定で選べない。
185cmとかあるような人には短いかもしれない。

生地はコーンミルズ社のホワイトオーク工場製、いわゆるコーンデニム
詳しく説明すると長くなるので、それはこちらで。

ざっくり言えば、XX生地を作った力織機を直しながら今でも使っている工場なのだ。

14.5オンス、プチニューと同じである。
大きく違うのはプチニューは多くの人が(ぼくも含め)リジッドから洗わずタイトなサイズを伸ばしながら穿くようなスタイルをとっていることだ。

この501CTはワンウォッシュなので既にある程度生地が詰まっている。

A.P.C.でなくてもかまわないが、リジッドでそこそこのオンスのジーンズをタイトに穿き込んだ経験のある人ならば、のちのち当初のオンスほどの厚みを感じなくなった経験があると思う。
これは要するに生地を伸ばしながら穿いているから、局所的に薄くなっているわけだ。

501CTはビタビタに張り付くサイズ感ではないので、この14.5オンスを長期で楽しめるはずだ。

各部の写真

バックポケット

リーバイス501CTのバックポケット
アーキュエイトステッチは浅め。
オレンジとイエローの二種類のステッチが使われており(写真だと分かりにくいが)カジュアルな雰囲気。

フロントポケット近辺

リーバイス501CTのポケット
リベットは銅褐色というかもっと黒っぽい感じ。
リーバイス501CTのコインポケット
コインポケットの裏も耳付き。

内側

f:id:gssmboy:20161124225404j:plain
由緒正しきタグ。
洗いがかかっているので青くなっている。

ボタンフライ

リーバイス501CTのボタンフライ
ここら辺は特に言うことないな。
ヴィンテージ501との比較とかもCTにはあまり意味がないと思うし。

革パッチ

リーバイス501CTの革パッチ
印字が濃い。

タグあれこれ

リーバイス501CTのタグ類
ホワイトオークやセルビッジに関する説明タグが。

裾近辺

リーバイス501CTのセルビッジ
赤耳、チェーンステッチ。

着用イメージ

試着時の写真で角度があれだが、腰回りが余裕がありつつ急激なテーパードがかかっているのがお分かりいただけるはず。
リーバイス501CTの着用画像
綿100のジーンズでこれ以上小さいものは穿けない!
という感じだったプチニューと裾幅はほとんど変わらないが、501CTは窮屈な感じは皆無だ。
楽で、綺麗なシルエット。

一応リーバイス公式サイトの
小さめサイズ、ジャストサイズ、オーバーサイズのパターンも。
リーバイス501CTの着用イメージ

まとめ

11/24現在、リーバイス公式サイトとAmazonでは30パーセントオフで12000円ほどになっている。

ジーンズに求めるものは人によって違うと思うけれど、少なくともコストパフォーマンスは上々だろう。

ぼくの見た限りでは、コーンデニムのワンウォッシュCTはチェーン店のジーンズショップ等では扱われておらず、リーバイス実店舗、公式通販、Amazonでしか見かけていない。

これからコーンデニムがどういった顔を見せてくれるのか、かなり期待している。

予定では、来年末まで洗わない

つづきはこちら

まとめはこちら

広告を非表示にする