読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NIKE THERMA-FITについて

ナイキ サーマフィット

この時期、ちょっと寒いけど真冬の格好するほどでもないなって気候で何を着たら迷うことがある。
今更重いメルトンのロングコートもなあ、って思うよね。

そういうときに活躍してくれている服たちがある。
ナイキのTHERMA-FITシリーズ。

NIKE スポーツウェアの色々

ナイキのウェアの機構には色々種類があって、メジャーなのはDRY-FITかな。
そのまま、速乾性と休汗性に優れたもの。ランニングウェアによく使われている。

THERMA-FITは、保温性に優れている。
これもスポーツウェアによく採用されているけど、DRY-FITと違いアップのときに着るような感じ。
NIKE FOOTBALLのパーカがこのシリーズだったのが出会い。

ナイキによる説明

nike therma-fit
二重ブラシのマイクロファイバーフリースを使用しており、エネルギーを保ち、熱損失を防止します。最小限の重量と容量で、寒さと風を最大限に防ぐため、寒い気候での活動に適しています。 一着だけで着ても、重ね着の一枚としても着ることができるため、ワークアウトの際の気温調節にも最適です。
Therma-FITより

使用感

nike therma-fit
THERMA-FITの優れた点は、「暖かい」というより「寒くない」「常温を保つ」ような感覚であること。
ぼくはユニクロヒートテックなんかの、ちょっと体を動かすと暑くなりすぎてしまう感じが好きではない(なんなら寒いときはそのまま寒いし)。
THERMA-FITは、スポーツウェアらしく運動して体が温まるのを前提にしながらも、過度に暑くなることはない
だから、たとえば冬の夜のランニングウェアとしても使えるし、春先でも問題なく着られる。

こういうところがスポーツブランドのかゆいところに手が届く感じ。

素材感はもちもちとしたジャージ生地とでもいうのかな。
光沢感があって、それでいてジャージのように毛玉になったりしないところが気に入っている。

ぼくの手袋もTHERMA-FIT。
nike therma-fitの手袋
自転車に乗るときってしばらく走ってるうちに体が温まるけど、走り始めは風が寒い。
真冬ならシンサレートだとかボアの手袋がいいと思うけど、ちょっと体を動かすときにはこいつはとっても具合がいい。

まとめ

アウトドア系とか、スポーツブランドのタウンユースなアイテムって好きだ。
機能性とファッション性が両立されてて、肩肘張った感じもないしね。

ちょっとハイネック気味のTHERMA-FITのパーカが今ほしい。

Amazonで「nike therma-fit」の一覧を見る

広告を非表示にする