リジッドorワンウォッシュという選択肢について

デニム生地

ツイッターではちらりと言ったんだけど、プチニューと並行して穿く宣言していたヌーディージーンズ グリムティム。
これ、あげちゃいました。

理由は色々あるが、多分結局そんなに愛着がわかなかったと。
というわけで、再び新しい穿き込むためのジーンズについて考えるときに考えること。
何を選ぼう。

ジッドという選択肢

リジッドジーンズ
言わずもがな、糊付き未洗いバキバキジーンズである。

メリット

はじめにワンウォッシュをかけるにしても、冷水で洗うか? ぬるま湯で洗うか? 熱湯でいっちゃうか?
時間はどれくらい?
乾燥機はかけるか?
っていうかリジッドのまま穿くか?
などなど、スタートの切り方が自分で自由に選べるのがリジッドの一番のメリットだろう。

糊を落とすのは手間だとも言える。だが一手間加えれば、愛情もさらにわく。

デメリット

ワンウォッシュして糊を落として穿く場合、慣れていないと色々なトラブルが起こりうる。
縮みすぎる
もしくは縮むのを想定していたが思っていたほど縮まない
色が青くなりすぎて中途半端に野暮ったくなる
乾燥機で不自然な折り皺がついてしまう
などなど。

はっきり言って糊を落としてから穿きはじめるというのは、ひとつリスクを背負って始めることになる。
ジーンズなんて作業着だ!適当でかまわねえ!というある種投げやりな気持ちもしくは、自分の感覚で初洗いなどお手の物、熟練の勘が必要である。

それらのどっちもないという場合は、リジッドを選ぶのは一度考え直さないといけない。
A.P.C.みたいにバキバキのまま穿くのを推奨しているブランドもあるが、たいていは洗って縮めて、がデフォルトといえる。

デメリットの話のがなげえ。

ワンウォッシュという選択肢

ワンウォッシュジーンズ
一度水に通してあるジーンズ。

メリット

ある程度縮む余地はあるにしても、メーカー側が既に公式に洗ってくれているわけだから、サイズが合わなくなるリスクがなくなる。

またジーンズというのは洗っていくうちになじんできて表情が出てくるものだから、水を通したあとの生地感というのが初めに把握できる。
ザラ感があるほうがいいのか、なめらかなほうがいいのか。
自分の好みのジーンズを見つけるには、ウォッシュがかかっているほうが分かりやすい。

さらに、リジッドをリジッドのまま穿いた場合と比較して、こっちのほうが生地の傷みが弱まる。
ジッドは生地が硬いので、アタリが強く出る。
アタリが強く出るのはなぜかといえば、つまりは生地の皺になる部分に強いテンションがかかるということであり、色落ちするのはそこが削れているからだ。
削れるという表現は語弊があるかもしれないが、とにかく、その部分を傷めているというわけである。

ワンウォッシュをかけると、生地がこなれるから、リジッドよりもアタリのつきやすさは劣るがダメージは軽減される。

ある店員さんの話では
ジッドのまま半年穿いて洗うより、1度洗ってから1年穿くほうがダメージも少なく色落ちもいい

デメリット

デメリットはほぼないと思う。

強いて言うならば、リジッドのメリットである選択肢がないということ。

それをお手軽と見ることも出来るし、つまらないと言うこともできる。

まとめ

悩んでる時間が一番面白い。

どちらが正解なんてことはない。

広告を非表示にする