季節の変わり目の服について

桜

ついこの間まで早く暖かくなれなんて言っていたのに、日中はもはや汗ばむ陽気。
かと思えば夜はマフラーをしていてもおかしくないような冷え込みで、ぼくらを悩ませる。

今の時期に着る物選ぶのって大変だよな。
天気予報を見逃すとなかなか悲惨なことになる。

季節感のないぼくの服

ぼくは衣替えという概念が特にない、というような話を以前した気がする。

Tシャツ
ジーンズ

これがベースにあって、少し寒かったらニットやスウェットを羽織る。
もっと寒かったらコートやブルゾンを更に羽織る。

というのがぼくのミニマリズムである。
だから各アイテムに季節感は特にないし、色味も無彩色が中心
これはそうしようと思ってそうしているというよりは、結果としてこうなっている感じだが。

今まではそんな感じで特に困っていなかった気がするのだけれど、最近ふと思った。
春とか秋とか中途半端な時期に着る服が難しい。

過行く季節に着るもの

どういうことかと言うと、
Tシャツ+ニットorスウェットでは肌寒く
Tシャツ+ニットorスウェット+ブルゾンorコートでは暑すぎる
という話。

まあ解決策はわかるよ。
Tシャツに薄手のアウターを羽織って、中間着、つまりニットやフリースそんな感じのかさばらない服を携行しろってわけだ。

面倒くさいんだけれど、まあ、携行している時もある。
雨具としてゴアテックスのシェルジャケットもあるし、夏になれば逆に室内でエアコンが寒いから羽織ものは欠かせない。

でもなるべくなら荷物は少ない方がいい

その他解決策

下半身で軽さ、涼しさを得る

冬にはためらわれるくるぶしの出るレングスのボトムスを投入することで、見た目、体感、どちらも春に近づける。

ごくごく薄いアウターを着る

結局日本の気候だとこれがベストなのかな。
それ1枚では特に保温性のないような服を何枚重ねるかで温度調節しよう、みたいな。

今の時期で言えばコーチジャケットとか? 薄くてかさばらなくて悪くない。

我慢する

昼間ちょうどいい服装で夜にはこごえる。
夜にちょうどいい服装で昼間は汗をかく。

もう、そういうもんだって割り切る
鼻水をたらす。

雑感

日本は気候の移り変わりが大きいから、季節限定の服というのが出てくる。
ぼくはどうしても貧乏性だから、特定の季節でしか着ない服が高価なのはなんとなくもったいなく思ってしまうのだ。

ジーンズなら年中(若干嘘)穿けるんだし、そういうところに重心を置いた方がステ振りとしては賢いだろう。

が、そんなことを言っていると服がつまらなくなるのも事実で、中途半端な時期にしか着ない中途半端な服に大枚をはたくのも粋といえば粋なのか?

まとめ

結局フードのないフラットなボックスシルエットの薄いアウター
→コーチジャケット
があれば間に合うのかな? 汎用性的に。

フードがない、というのは、インにパーカを着る際にアウターにもフードがあるとてんてこまいになるからだ。

安い無地のコーチジャケットを買って、カスタムでもしようか。

広告を非表示にする