ぼくが嫌いなものについて

f:id:gssmboy:20160528002520j:plain

なんだか最近「おかしいだろそれ」って思うことが多くて、それについてあれこれ考えていたら整理しきれなくなってきたので、文字におこすことにした。

ぼくが今まで書いてきたブログのエントリの毛色とはなかなか違うものになるが、暇な人だけ読んでもらいたい。いや、別に読むほどのものでもないかな……

とにかく、「これ嫌いだわ」「おかしいだろ」的なことについて、だ。

自転車に乗りながら携帯をいじる人

これはもう本当見ただけで苦痛になるレベル。

言うまでもないがその行為をしている人間の99パーセントは急ぎの情報なんかチェックしているわけではない
とにかく危ない。本人が車に轢かれるのはぼくとしては全く問題ないのだが、当然彼らはそれはもうフラフラと運転しているから、ぼくが抜き去ろうという時に大きくこちらに膨らんできたりする。携帯をいじっていて自爆するのはnever mind the bollocks、でも巻き添えは本当勘弁してくれ。
そういうボンクラはさらにはカナル型イヤホンまでしていたりして、本当にいかれてると思う。自分のことしか考えられない人間なのだと一発で確信できる

どんなに美少女でも、それだけで嫌いになる自信がある。
長澤まさみがそんなことしてないことを願います。

自転車をなめた自動車

正確には自動車の運転手。
例えば人通りのすごく少ない交差点で、信号待ちしているのが自転車に乗るぼくしかいない場合ウインカーを出さないで左折してこようとする人がいる。いやそれぼく轢かれますから。
直進するぼくが優先、それに自転車とはいえ初速はこちらのが速いのだからおとなしく待っとけ。しかもウインカーなし。
ぼくだって場合によって自転車側からしたら自転車が邪魔に感じるのはわかるわけ。でも、車のが優先だろみたいな態度の運転手はなかなか許せない。

外側がしゃきっとしていて内側がふにゃっとした食べもの

例えばトマト。嫌いな食感の最たるものにあたる。
でもこれは生だと嫌だということで、トマトソースとかあの生の食感が消えるような調理法ならば問題なし。生でも食べろと言われたら食べられないわけではないけどね。
似た感じだと、ねぎ焼き。しゃきっふにゃっ。ねぎまは無理である。玉ねぎもきつい。バーベキューとかの。
だから薬味の細かい青ねぎは平気。カレーの全部ふにゃふにゃの玉ねぎも平気。
とにかくしゃきっふにゃっがだめ

フードの処理がおかしい格好

ファッション的には嫌いなものはたくさんあるからほとんど割愛。
でもあえてひとつ挙げるならフード付きの服にフード付きの服を重ねてるのは理解不能。あと半袖のパーカ。
あ、ひとつじゃなくなっちゃった。

洗い物が雑な女性

服も、食器も。

綺麗好きというわけでもないから、掃除は、ぱっと見汚くなければ文句はない。
でも服の干し方、変なところが伸びるようなのは本当やめてもらいたい。でも、女性にこういうことを言うと嫌がられるので、自分から進んで洗濯はする。色移りしそうなものとか、区別したいけど、あれこれ要求するのもあれなので。

食器、油ものを乗せてた皿同士を重ねてシンクに入れたら、重ねた底のほうにも汚れが残るのに、それはあんまり綺麗に洗わない人がたまにいる。これは結構耐え難い。
あとコップの底のほうにコーヒーとかの跡が残ってるのも気にしないのとかもきつい。
でもこれも細かく言うのもあれだろうなと思って、自分でなるべくやる。

ぼくより背の高い女性

隣を歩くのに腰が引けるので。

常にキメてないと外出しない女性

ちょっと今から出掛けようって時に準備してる間にやる気がなくなるので。
あと隣を歩くのに腰が引けるので。

イヤホンで電話してる人

あれ、携帯自体を持たないのってなんか楽なのかな?
というか、そもそも携帯を耳にあてることがそんなに苦痛ではないのだけれど。
夜道でひとりでしゃべってる人がいると思ったらイヤホンで通話してたりして、遠目から見るとやばい人に見えるから、まあ、嫌ですね。

広告を非表示にする