土屋鞄製造所 ブライドル 二折財布 1ヶ月経過

土屋鞄のロゴ

占いなどを信じているわけではないが、ジンクスやルーティンは大事にする。
ゲンを担ぐタイプというか、迷信みたいなものを信じるのが好きなのかもしれない。

新しい財布をおろすのによいとされている日が月に何回かあるそうで、そのタイミングで使い始めた。
はやひと月。

写真各種

曇天の自然光が入る室内で撮影。
基本的に写真は無加工。

カラーはダークグリーン
写真によってそう見えたり、見えなかったりする。

外側

土屋鞄のブライドルレザー 二折財布

土屋鞄のブライドルレザー二つ折り財布
ブルームが取れて、マットな質感になった。
ここから使っていくうちに、表面のロウ成分と手の油分などが馴染んでだんだん鈍い光沢に変わっていくはずである。



土屋鞄のブライドルレザー
裏側はブルームがなくなったことによって斜線のような革の血筋が見えるようになった。

内側

土屋鞄のブライドル二折財布の内部

土屋鞄のブライドルレザー二折財布のカード室

土屋鞄のブライドルレザー二つ折り財布のコイン室
うっすらカードやコインのアタリがついている。

二つ折り財布では、外装は濃い色のコードバンやブライドルレザー、内装に薄い色のヌメなどを用いるパターンがよくある。
ぼくは、内装に白色に近いヌメを使っているものがだんだん変色していくのを、どうしても「味が出ている」とは思えず、普通に「小汚い」と感じてしまう。

この二つ折りの飴色の革は汚い印象にはならずに、それでいて変化もしてくれそうなので期待が持てる。

側面

土屋鞄のブライドル 財布のコバ loading=

ブライドル財布のコバ
綺麗なコバ。一ヶ月しか使ってないし、そりゃそう。

顕著な変化は、おろしたて時点では革が硬くてなかなか閉じなかったのが、ちゃんと二つ折り状態におさまるようになったこと。
そして、札入れ部側の角が少し丸まってきたこと。

長いこと財布を使って新品と比べると、新品より縮んでいる、みたいな話を見聞きする。
こんなふうにだんだん圧がかかったところが潰れて、そうなっていくのだろう。

まとめ

まだ財布に遠慮をしている感じかな。
ちょっと汚れた手で触るのはためらうし、雨が降ってきたら絶対に濡らすものかと厳重にかばんにしまう。
時を重ねたら、段々何も考えずに使うようになるのだろうか。

ずっと大事にしたい気持ち、そうやって生活になじんでいくのが楽しみな気持ち、両方ある。

つづきはこちら