読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなく雰囲気のいい服について

例えばチャンピオンのスウェットとか、アディダスのトラックジャケットとか。
カッティングがめちゃくちゃ綺麗だとか上質な素材だとか、そういうことではないけど、なんとなく雰囲気のいい服がある。

服の価値とは何か

服の価値が何で決まるのか。
デザインか、型か、発色か、素材か、はたまたブランド価値なのか。
全部含めてのものとも言えるけど、しかしこの「なんとなくいい感じ」というのはイマイチ数値化できないし具体的に説明できない。

アディダスのトラックジャケットがめちゃくちゃ格好良い服なのかと言われるとそんなことはないけれど、ランDMCが、JAY KAYが着ているのを見るとめちゃくちゃ格好良いと思う。

服を選ぶときにそのなんとなくの雰囲気のよさ、というのがぼくの中で結構大事だ。
この辺はシンプルファッションについてのエントリでも触れたけど、人によっては全然似合わないし格好良くもならないが、また別の人には服自体が格好良いというわけではないのに、なんとなくいい感じになる、という、そこら辺に面白さを感じる。

そういうちょっとしたものが似合う男って、なんとなく、いいじゃん。
なんとなくばかり言ってるけども。

分かりやすい流行のデザインの是非

ガキの頃はどうしてもデザインコンシャスでぱっと見インパクトのある服に惹かれがち。
そういう服を否定する訳じゃないしそういう服にも格好良いものはあるけど、格好良い服を着ている人がイコール格好良い人ではないし。

例えばMA-1、ミリタリーの王道ジャケットだけど、近頃むちゃくちゃ流行っている。
つば広のハット、MA-1、ハイネックのニット、九分丈パンツ、ニューバランス
死ぬほど食傷気味な合わせで、ショップ店員ならまだ理解できるけど(流行のものを売らなくちゃいけないから)、そこらの大学生がやっててもセンスの欠片も感じられない。
ひとつひとつがいいものでもね。

流行のものを取り入れるのもまたセンスと言えるけど、トレンドから遠い位置にある「なんでかわからないけど好きなもの」が本当の本人のセンスだ。
例えるならみんなに合わせて「ワンピース面白いよね」って言ってるのが前者で、本当はジャンプで一番好きなのはこち亀、みたいな気持ちが後者。

後者の部分がファッションに反映されてると面白いんだけど、マネキンみたいな奴を見ても面白くはない。
ま、そういう奴は「服の価値が何で決まるのか」なんてことは考えないし、別にぼくが正しいとかそういうことではなく、価値観の違いというやつ(でも何でも「人それぞれだから」とか「価値観の違いだから」で済ます奴って頭のいい振りをしたバカばっかなの、知ってる?)。
ぼくの中ではマネキンくんはおしゃれというよりはおしゃれ(笑)みたいなニュアンスなんだけど、そういうわかりやすいものが人に受け入れられるのも理解できる。

ファッションの欺瞞

「ファッションは自己満足。人の目は関係ない」
とか言う人っているじゃん。すげー胡散臭いよね。
人の目が関係ない、つーのは無人島に言っても毎日せっせとコーディネート頑張ってたら認めるよ。でも絶対頑張らないでしょ。
人の目を気にしない、と言いながら絶対人の目ありきだから。極端な話地球に自分一人なら裸でいいっつーの。

こういう「人の目気にしない俺かっけー」みたいな中二全開なノリよりはわかりやすくトレンドで生きてる人のがまだお近づきになれそうな気はする。

初めは「なんとなく雰囲気のいい服について」を書こうと思ってたんだけどずいぶん話がそれてしまった。
いいか、タイトルはそのままで。

広告を非表示にする