NIKEとadidasを同時に身に着けてしまう人に対する考察

nike adidas

ファッションの価値観は、環境によって可変である。

ブレザーの中にパーカを着るのがとある高校の中でだけ流行ったりするのは、世間的には変であっても、そのコミュニティの中ではスタンダードでありお洒落だったりする。

極端な話、年中裸で暮らしているどこかの原住民の村にハイブランドは必要性も価値もないということだ。

続きを読む

続 街中で使うアウトドアウェア

長時間露光の渋谷

安くていいものと高くていいもの。
後者を選ぶならば自分の中で納得のいく理由がほしい。

とりわけアウトドア系ブランドのプロダクトはその理由が見つけやすい。

アウトドアウェアについて再考するきっかけになったのはミレーの店員さんとの会話である。

続きを読む

Levi's 501CT (CONE DENIM) 6度目の洗濯

wash

もう5月か、なんて言っていると老け込みそうな気がする。
まだ5月か。

こんなレトリックになんの意味もないが、時間の経過だけは誰にでも平等。
平等な時間が刻まれたジーンズの色落ちは誰とも等しくはない。
というレトリック。

続きを読む

TOKYOについて

tokyo

日本の中心であり、流行の発信源である東京。
美しく、汚い街。

地方に住む人、電車で都内に通う人、生まれも育ちも東京の人……
思い思いの東京が存在していると思う。

ぼくにとっての東京や、なじみの深い街について書いてみたい。

続きを読む

Levi's 501CT (CONE DENIM) 1年5ヶ月経過

17months

実はジーンズ、ひと月ほど穿いてなかった。

きっかけは特にないが、急に
「501CT穿きてえな」
と思ったので、ボロボロのケツを何度目かのリペアに。

重い腰がやっと上がった。

続きを読む