続 最高の白Tを探せ

f:id:gssmboy:20160812230915j:plain

何をもって最高と呼ぶのか。
これは人によって違うし、全員が納得する答えなどない。

経験と取捨選択を繰り返して自分の中でスタンダードが作られていく。

さて去年からちょこちょこと更新している無地Tエントリだけれど、
まずは現在の自分の中でのスターティングメンバー、レギュラー選手を選抜したいと思う。

無地Tシャツに求めるもの

ぼくにとって大切なのは
入手のしやすさ
価格
シルエット
主にこの3つ。

だから、「今期○○から出てるTシャツいいよ~」てなことになっても、どうせ次のシーズンになったらなくなってしまうようなものでは買い足し不可、スタンダードにはなり得ない。

価格については、1枚1万円もするようなTシャツを着倒す金銭感覚はないし、ライダースに10万20万は理解できてもTシャツの1万円はかなり無駄が多いと考える
この辺は、くたびれてきたら即捨ててまた買えるような、同じ服は二度着ないような、そういう方とは無縁の話。

シルエットは言わずもがな。

要するに、すぐ買えてコスパのいい綺麗な形のTシャツ、が最高ってこと。
うわ、引っ張った割に当たり前のこと書いたなー。

個々についてそれぞれエントリを書いてもいるのて詳細はそっちで。
今回は比べてどうなの!ってことで。

レギュラー入りしたTシャツ

Hanes Japan Fit


不動のレギュラー。

従来の赤青金パックと比べて少し厚みがあるものの、もっとがっしりしたTシャツはごろごろあるし、コスパに特別優れてもいない(高くもないけど)。

ただ、表現するのが難しいけれど、すごくこなれているというか。
こなれ感なる言葉の正体はよくわからないしあんまり好きな言葉じゃないが。

他の白無地Tシャツで、いかに下着に見えないようにするか、みたいな苦労をした経験のある人はとりあえずヘインズ ジャパンフィットを選べばいいと思う。
癖がなく、そして下着っぽくもない。

要するにフラットなTシャツっていう感じなのだが、赤青金の下着感からそこへのアップデートが小さいようで実はすごくデカい。

めちゃくちゃ安い、めちゃくちゃシルエットがいい、めちゃくちゃ生地が優れてる、そういうのは特にない。ただすごくフラット。
それって結構すごい。
服を選ぶ時にあれこれ悩みたくないぼくにとっては、その普通であることが非常に貴重。

GOODWEAR ポケットTシャツ


これはマイTシャツ群の中では結構新参者なのだけれど、手持ちの中で最もガッシリしている。

ヘインズ ジャパンフィットの対極という感じかな。
シルエットは大味。現代っぽくリサイズしてタイトに、なんてことは一切ない(逆にオーバーサイズなのが現代っぽくもあるけれど)。
アメリカンコットンのざらついてヘヴィな感じは、好みのはっきり分かれる代物。

フラットさなんてなく、いびつな個性だ。重厚なる7オンス。

なんとなく試しに買ってみた程度のものだったこいつだが、着用頻度は多い。
シルエットのゆるさも、暑すぎる最近の気候にはあっているし、ヘインズ ジャパンフィットと比べるとなんとなく ちょっといいTシャツ を着ているような気にもなる。

アクセサリーの類をほとんどつけないぼくにとっては、ポケットTにはやはりタフで存在感を示してほしいものなのだ。
逆に、すごーくオンスの軽いポケットTがあったとしたら、絶対いらない。

こいつはUSコットンだからこそこいつなのである。
洗って馴染んでくる感じも、柔らかめのコットンよりしっかりあって、経年変化好きな男にはぐっとくるところ。

価格的にも中国製だとユニクロに毛が生えた程度だしね。

無印良品 ファミリーマート パックTシャツ

無印良品 ファミリーマート tシャツ
ファミリーマート×無印良品 : tefu*

これは去年からずっと言い続けているのだけれど、無印良品ファミリーマートで展開している四角いプラケース入りの無地Tが抜群にいい。

手に入れやすさコスパシルエット、総合点ならぶっきちぎり1位だ。

ただしなぜヘインズとグッドウェアを先に書いてこいつが後回しになったのかにもちゃんと理由があり
黒はとてもいいが、白はやや薄く下着感の拭えないものだから。

一応白Tのベストを探すという名目だったわけで、しかしこいつはリピートするほど気に入ってるわけで、黒Tだけれどもラインナップ。
レギュラー選手。

サイズは結構タイト。たぶんこれのLでもグッドウェアのSより小さい。

カニエ・ウェストが着てるような、ゆるいんだけどだらしなくはないサイズ感というか。
丈は長めだけど基本的にはタイト、みたいな。

まあ、なんとなく、これを着るとカニエ・ウェストっぽいなと思うぼくである。

弱点をあげるとするとネックが伸びやすいことくらいだが、しかしアンダー600円なので文句を言う気にもならない。
黒はサイズ違いでMとL両方持ってて、白も持ってるがそっちはベンチにも入らない。

まとめ

以上3種がぼくのスタメンTシャツ。
ぶっちゃけこれらがあれば(少なくとも今年の夏は)1週間困らない。

ただ今はクルーネックが好きだけれどちょっと前はVネックが好きだったし、好みもまた変わるのかもしれない。

広告を非表示にする